Skip to content

日記

ぼんぼん唄

CA380611.JPG

昨日は、上野広小路亭昼席の出番。
楽屋で着替えながら、スピーカーから流れてくる高座の落語に耳を傾ける。

談四楼師匠の『ぼんぼん唄』。

恥ずかしながら、初めて聴く噺だ。
古くは志ん生師匠が手がけ、最近では談四楼師匠が高座にかけているのは知っていた。
けれどなんというか、今まで聴く機会が無かったのだ。

25年以上落語を聴いていても、まだ聴いたことのない噺、内容を知らない噺が結構ある。

YUKATA PARTY

CA380588.JPG

ゆうべは中目黒で、ユカタパーティーなるイベントに参加して一席演らせてもらった。
この会のドレスコードは、浴衣(夏物の着物も可)。
同趣旨の『KIMONO PARTY』と合わせると、通算10回目だそうだ。
浴衣姿の男女数十人が集まっていた。
シックで古風な浴衣から、派手な原色を使った今風な浴衣まで、みな思い思いに着飾っている。
年齢層は想像してた以上に若く、平均すると二十代半ば・・・くらいかな?

落語に触れるのは初めてな人も多い状況で、果たしてみんなちゃんと聴いてくれるだろうか・・・? と少々不安だったけれど、そこはやはり、浴衣を着てパーティーに出かけようなんて心意気を持った人たちだ。落語の世界にもすんなりと入り込んでもらえたようで、ひと安心。
ちゃっかり『ベストドレッサー賞』にまで選ばれちゃいました。
感謝。

俺は普段、浴衣や着物で出歩くってことはまずないのだけど、和装のオシャレってのもいいモノだわね。

茗荷奴。

CA380549.JPG

最近のお気に入り。
みょうがやっこ。

豆腐の上に、茗荷を刻んで乗せる。
だけ。
鰹節も葱も生姜も要らない。
さすがに醤油はかけるけど。

この歳になって、茗荷の持つポテンシャルに改めて気づかされた。
もはや薬味じゃない。
むしろ主役だ。

茗荷奴、豆腐と茗荷の奏でる絶妙なるハーモニー。
素晴らしき哉。

独演会終了!

CA380551.JPG

『ダンス・ダンス・ダンシュー #26』、無事終了しました。
広小路亭に、お客様がぎっちり。
さぞや、窮屈だったでしょう。すみません。
こちらからは、夢のような光景でした。
ご来場いただいた皆様、本当に本当にありがとうございました!
高座からは、こんな風に見えているのですよ。
またのお越しを、お待ちしております!