Skip to content

日記

板の上

われわれ芸人や役者の世界に、「板の上で死ねたら本望」という言い回しがある。
「命を懸けた高座」なんて言いかたもする。

しかし、実際に高座や舞台の上で命を落とすなんてことは、ほとんど無いと言っていいだろう。
野垂れ死にや孤独死はあっても、落語家が高座の上で死んだという話はついぞ聞いたことがない。

俺は時々、自分はつくづく安全な商売についたもんだなあと考えることがある。
落語家は、自分の命も観客の命も、危険にさらすことが無い。
(せいぜい、つまらない落語を演ってお客を退屈させる程度だ。)

一方では、人命にかかわる職業というのも世の中には沢山ある。
自分の生命や身体を損なってしまいかねない職業(高所作業員や消防士)、
相手(客)の命や健康に大きく関わる職業(医者や運転手)。
日々のプレッシャーは、大変なモノだと思う。

こういう仕事に就いている人が居てくれるおかげで社会が成り立っていることを、「俺にはとても務まらない」という畏敬の念も含め、忘れないようにしたい。

そう考えると、「板の上で死ねたら本望」なんてことを軽々しく言うのも失礼な気さえする。

ゆうべ、ある有名なプロレスラーが、リングの上で命を落とした。

プロレスをよく知らない俺がこんなことを書くのはおこがましいけれど。
心より、ご冥福をお祈りいたします。

新聞記事

CA380534.JPG

先日、群馬県渋川市へ行ってきました。
公民館で一時間、汗だくになりつつ『ちりとてちん』と『宮戸川』、更に踊りも。

お客様は予想以上のナイスリアクションで、主催者さんにも喜んでもらえて、こちらも片道3時間かけて来た甲斐があったなあ・・・とひと安心。

後日、地元紙の上毛新聞に写真付きで載ったそうで、主催者さんが切り抜きを送ってくださいました。
わざわざありがとうございます。

見出しには「軽妙な話芸を披露」。
本文を読んでみると「聴衆の心をつかみ」「笑いの世界に誘った」「軽妙な語り口に」「会場は何度も爆笑に包まれた」。

あはは。
志の輔師の『バールのようなもの』じゃないですが、新聞やニュースの定型句って、ホントに現代にも生きてるんですねえ。

ひとり会 第一夜

CA380529.JPG

ゆうべは、国立演芸場の楽屋に行ってきた。
『談志ひとり会 夏三夜』と題し、今月から三ヶ月連続で師匠の独演会だ。
なんでも、ネットオークションではチケットに10倍の値がついたそうな。

会場に到着した師匠、自分がいかに体調不良であるかを語りつつ、楽屋に入るまでにたっぷり15分ほどを費やす。
これはむしろ、体調が良いことのあらわれかも…?

いつものように開演ギリギリになってやっと着替えはじめた師匠、志遊兄のパーティーでの袴ずり落ち事件について「なんであんな風に脱げたかわからねえ」と語る。
「もっとも俺の場合は驚かねえ、ついでにチ○ポコ出して帰って来ちゃう」とのこと。

んで、昨日は袴の紐を結ぶ段になってひどく手こずり始め、結局一番そばに居た俺が手伝うハメに。
他人の袴の紐を結ぶというのは生まれて初めてやったけどすごく難しいし、ましてや師匠のとなれば尚更緊張する。
だいたい俺は自分でもめったに袴をつけないので、紐の結び方も上手くはないのだから。
なんだかグチャッとした結び目になってしまったけれど、名人はそんなことにこだわらない。
構わずズンズン高座に上がってゆく。

開口一番師匠の口から出た言葉は、
「袴の紐が結べないんでね、いま談修に手伝ってもらって…」
なんにしても、高座で師匠に自分の名前を言ってもらえるのは嬉しい。

第一夜の家元のネタは『孝行糖』と『田能久』。
落語ファンならお気づきでしょうが、二席目のあの部分が抜けたこと、師匠は楽屋に戻ってから気づかれたようです。

打ち上げでは、ネットダフ屋を撲滅する方法についてみんなで議論しつつ、夜は更けてゆきました。

1Q84

CA380524.JPG

本屋に並びたてのヤツを、つい今し方買ってきた。

村上春樹、『1Q84』。

この厚さ、この重み。

なんとも言えずワクワクするぜ。

「上」「下」ではなく、「BOOK1」「BOOK2」となってる辺りも・・・、
アレの時のあのパターンを連想しちゃうね。

さあ、読むぞ〜。

さあ、浸るぞ〜。