Skip to content

宣伝・告知

独演会『談修インザダーク #08』のお知らせ

皆様こんにちは、立川談修です。

‪猛暑と長引くコロナ禍の中、さぞご不自由な思いをされていることとお察しいたします。

‪こんな時ではありますが、落語会『談修インザダーク』のお知らせをさせていただきます。

「明るく面白いだけが、落語の魅力ではない」をコンセプトに、落語のディープでダークな部分を楽しんでいただく企画です。‪

普段でしたら「皆様にぜひいらしていただきたい落語会」と書くところなのですが、今回は少々事情が違います。‪

新型コロナウイルスの感染防止のため、これまでの独演会とは開催方式が異なります。

ご予約の前にあらかじめ下記の項目をお読みいただきますようお願いいたします。

その1: ‪密を避けるため、定員を座席数の半分(204→102名)に減らします。

その2: ご予約の際、緊急時のご連絡先として、お名前・電話番号・メールアドレスを伺います。複数名でご来場される場合は、ご同伴者様のご連絡先もあわせてうかがわせていただきます。

その3: ‪ご来場の際は、マスクの着用を必ずお願いいたします。

その4: 発熱・体調不良のかたは、ご来場をご遠慮ください。ご予約をされたお客様でも、キャンセル料などは一切発生いたしません。

‪以上をご確認いただいた上で、ご来場いただけるかたは談修宛に直接メールで以下の三点をお知らせくださいませ。

「お名前(ふりがな)」   ‪「お電話番号」   ‪「メールアドレス」

‪※アドレスはこちら→ tatekawa.dansyu@gmail.com

‪お客様にご面倒とご負担をお掛けいたしまして誠に相済みません。‪

皆様のご健康とご多幸を、心よりお祈りしております!

 

『談修インザダーク Vol.8』

時/ 9月7日(月) 19:00開演 (18:30開場/20:40頃終演予定)

所/ 日本橋社会教育会館ホール<中央区日本橋人形町1-1-17 (8階),※人形町駅・水天宮前駅 歩5分>

木戸銭/ ¥2500 (※要ご予約,当日精算)

出演/ 立川談修 (独演会)

演目/『ぞろぞろ』,『蜘蛛駕籠』,『木乃伊取り』

 

※ステイホームで落語を楽しみたいかたは、CD 『ソーシャルディス談修』 をぜひどうぞ!

2枚組、五席収録、3000円(送料込み)。

詳細はこちら!→ https://tatekawa-dansyu.com/diary/4001.html

 

 

7月4日『朝日新聞』に載りました

『朝日新聞』7月4日(土)朝刊に、私のコメントが載っております。

なんと、社説の隣のページです。

「お疲れ様」「ご苦労様」など、挨拶に関する論考です。

よろしければぜひご覧ください。

 

朝日新聞デジタル(ネット版有料記事)は下記URLからどうぞ。

https://www.asahi.com/articles/ASN722H1MN6TUPQJ017.html

 

【宣伝】立川談修 落語CD『ソーシャルディス談修』のお知らせ

 
私・立川談修の落語を収録したCDが完成いたしました。
新型コロナウイルスの影響で3月から仕事がほぼキャンセルになり、収入も途絶えてしまったため、急遽過去音源を編集し自主制作したものです。
ステイホームのお供に、おひとついかがでございましょうか。
立川談修落語CD『ソーシャルディス談修』
(2枚組,落語五席収録、送料込¥3000)
[Disc 1]
1.『長屋の花見』(26’39”) 17/03/26
2.『がまの油』(15’52”) 17/06/24
3.『宮戸川』(21’45”) 17/04/29
[Disc 2]
1.『目黒の秋刀魚』(22’33”) 16/09/18
2.『らくだ』(46’37”) 15/12/12
なお、ICレコーダーを高座に置いて録った記録用の音源をもとにしておりますので、音のくぐもり、音割れ、ノイズや擦過音など、音質的にお聞き苦しい点がありますことをあらかじめお詫び申し上げます。
販売方法は下記のとおりです。
①  私宛にメール tatekawa.dansyu@gmail.com で「お名前」と「ご住所」をご連絡ください。
②  返信メールで、銀行口座をお知らせします。
③  CD代 3000円 (送料込み)をお振込みください。恐縮ですが、振込手数料はお客様にご負担いただくこととなります。
④  入金確認後、郵送でお届けいたします。
世の中大変な状況が続いておりますが、金銭に余裕のあるかた、救済のつもりでも投げ銭のつもりでも構いません、お買い上げいただけましたら幸いです。
情報拡散にご協力いただけるだけでも嬉しいです。
親愛なる皆様のご健康とご無事を、心よりお祈りしております。
談修 拝

【宣伝】『飛ぶ教室』

お仕事の宣伝です。

〝飛ぶ教室〟という雑誌に、文章を掲載していただきました。

『落語根問』というタイトルで、落語の形式を取った創作です。

エッセイを書かせていただいたことは今までに何度かありましたが、創作は初めてです。

もしよろしければ、どうぞお手に取ってご覧くださいませ。

 

『飛ぶ教室』 第61号 (2020年春)

光村図書出版

1000円+税

2020年 4月25日発売

https://www.mitsumura-tosho.co.jp/shohin/tobu/book_t061.html